持ってて良かった!緊急時のクレジットカードの使用例3選

旅行には欠かせないクレジットカード

国内・国外を問わず、旅行に出かけるときには、財布の中にクレジットカードが一枚あれば安心感が違います。住み慣れたいつもの街と違い、どんなことが起こるかわからないのが旅行です。1泊で帰るつもりが、自然災害でホテルに缶詰になったり、ついついお土産を買いすぎて財布が空になってしまったり、手元に現金がなくなることも珍しくありません。いつもはクレジットカードを使わない人でも、緊急事態に備えて1枚は作っておくといいですね。

キャッシング機能は困ったときの救いの神

クレジットカードにはキャッシング機能を付けることができます。キャッシング機能を付けておけば、コンビニや銀行のATMを利用していつでもお金が借りられます。銀行や信販会社のカードローンと違って、特別な手続きが必要ないので、自分の銀行口座から預金を引き出すような感覚でお金が借りられるのが魅力です。「結婚式やお葬式が続いてご祝儀でお金がない」「パチンコや競馬で負けてしまった」、こんな非常事態のときでもすぐにお金が手に入るので、クレジットカードを作るときはキャッシング機能を付けておきたいですね。

スポーツイベントでも活躍

突然ですが、クレジットカード1枚の重さをご存知でしょうか?クレジットカード1枚の重さはわずか5グラム。大きさは横8.5センチ、縦5.5センチほどのコンパクトさが魅力です。これだけ軽いので、マラソンやサイクリング、登山などのスポーツイベントのときも力を発揮します。重い財布を持って出かけることができないときも、クレジットカードを1枚ポケットにしのばせておくだけで、あらゆる緊急事態に対処できます。スポーツの大会に参加する人は、ぜひ一枚持っておきたいものです。

クレジットカードは、それを提示することにより、あらかじめ締結された契約に基づき、カードを発行している業者などから、掛けで商品の購入やサービスの提供を受けることができる決済手段です。