相続税の軽減のための方法

相続税の計算と控除について

相続税の計算は非常に複雑になっています。また相続の申告を税理士に依頼する場合には、相続税の軽減を期待して依頼することがあります。では具体的に相続税を軽減するためにはどのような方法があるのかというとそのひとつとして相続税法に規定されている控除を生かすという方法があります。なかでも非常に大きな控除のひとつとして配偶者に対する税額の軽減があります。これは相続人の生活基盤を壊さないように配慮して設けられている制度であり、非常に大きな控除となっています。

相続税における控除について

配偶者に対する相続税の軽減以外にもさまざまな控除が設けられています。たとえば相続人が未成年の場合には未成年者控除という控除が設けられています。これはその相続人が20歳に達するまでの年数に60,000円を乗じた金額が控除額となります。ほかにも相続が続いた場合には相次相続控除があります。これは第二次相続の開始前10以内に開始した相続について一定の金額の控除をするというものです。これらの控除を生かすことが相続税軽減のためには大切です。

贈与を活用する方法について

控除以外にも相続発生前に相続税対策を行うことによって相続税の軽減を図ることができます。そのひとつの方法が贈与を活用するというものです。贈与を行った場合にも贈与税が課税されますが、年間1,100,000円以内であれば贈与税は非課税となります。また贈与税にも配偶者控除が設けられておりこの控除を活用することも大切です。贈与された側の相続人も贈与された資産を活用して相続税対策を進めておくことも非常に大切となります。

相続のことはなかなか難しく、素人の人にはできないものです。そのような時には相続の申告を税理士にお願いしましょう。自分が信用、信頼してお願いできるところを探しましょう。