相続税の相談なら専門の税理士へ

課税基準が引き下げられる

2015年1月から相続税の基礎控除枠が小さくなり、最低課税額が引き下げられました。たとえば法定相続人が2人の場合、新基準では財産が4200万円を超えると、相続税の申告が必要になります。都市部で一戸建てを所有していれば、この程度の基準は超えるケースが多いと想定されます。これまで相続税は金持ちだけの問題と考えられてきましたが、今後は普通のサラリーマン家庭でも、相続税に頭を悩ませることが多くなるでしょう。

申告には専門的な知識が必要

相続税の申告は個人でもできますが、専門的な知識が必要です。申告に誤りがあったり、期限に間に合わなかったりすると、加算税を課されることもあります。相続は一生に何度もあることではないため、詳しい知識がなくても無理はありません。そんなときは専門家である税理士に、相続税の相談をするのが確実です。ただし同じ税理士でも、所得税や法人税に特化していて、相続税にはあまり詳しくない人もいるので、誰でも良いわけではありません。

節税対策としても活用できる

この分野に豊富なノウハウを持つ相続税の税理士は、正確かつ確実に申告ができるだけでなく、節税の方法についても熟知しています。もちろん脱税は違法行為ですが、正当な方法で無駄な税金を支払わないことは大切です。相続税の税理士に相談すれば、非課税枠や各種特例を最大限に活用して、実際の納税額を抑えることができます。また相続に関する揉め事の回避や、精神面での備えについても、効果的なアドバイスを期待できるでしょう。

相続税の税理士を探す場合は、コンサルティングを利用すると良いです。コンサルタントがサポートしてくれるので安心です。